↑最大50%OFF!↑

大分県から高知県への引越し料金相場は?

 

大分県から高知県内へはおよその距離はGoogleマップを使うと簡単にわかります。
引っ越し作業自体は単身の方、 一人暮らしの方など、就職、進学、単身赴任の場合はほぼ1日で完了します。家族での引っ越しの場合は場所や荷物によっては まるまる1日かかる場合がありますが、おおよそ2日とみておくと安心です。

 

※運搬に船や飛行機を利用する場合、400キロ前後を超える長距離引越しの場合は別オプション及び日程もプラス1日又はプラス2日になる場合がありますので、引越し業者の見積もりを早急に請求するようにしてください。

 

大分県から高知県への引越し料金相場表

大分県内から高知県内に引越しをされる場合、下記から引越し元と引越し先の市町村を選んでボタンを押すと、概算の引越し料金が表示されます。
※運搬に船や飛行機を利用する場合は別オプションになりますので、引越し業者の見積もりを比較してください。

↓コチラで市町村を選択してください。

引越し元:

引越し先:

 

↓市町村を選択したらコチラのボタンを押してください。

 

 

↓確実に詳細な見積もりはコチラでチェックされてください!!

↑引越し見積もりを無料で一括請求!↑

 

↑全国200社以上の引っ越し作業をしてくれる業者さんが登録している業者さん探しのパイオニアサービスです。 ここで色々な会社さんを探せますから、是非活用して下さい。 大手のアートさん、サカイさん、日通さん、クロネコヤマトさん、ハートさん、福山通運さんも加盟しています。 また、地元で活躍している業者さんも登録してます。

 

大分県から高知県への移動距離についてはコチラ

Google マップの地図上に複数の地点を指定し、その間の距離を算出できます。
たとえば、2 つの都市の間の直線距離を測定できます。

 

https://support.google.com/maps/answer/1628031?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

 

今住んでいる場所をグーグルマップ上でクリックして、行き先(引っ越し先)を入力(住所等)することで、車でのルートと距離が計測できます。引越し会社もカーナビ等で移動すると思いますが、最近ではグーグル・マップの方も精度が高いので、見積もりを取る際の参考になりますよね。

 

コチラの都道府県庁間の距離は、回転楕円体(GRS80)における最短距離(測地線長)を計算したものもありますので、チェックされてみてください。PDFデータとエクセルのデータがあります。

 

>http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/kenchokan.html

 

 

大分県から高知県へ引っ越しする際の手続き

大分県から高知県へ引っ越しする場合は、家具家電は現地で購入した方が荷物も少なく引越しの料金も安く抑えられるのでできれば高知県内で家電家具類は購入した方が良いでしょう。

 

引越しが決まったらすぐにする手続きと準備

転居先の契約
引越し先での住まい探し。

 

賃貸契約の解約
今済んでいる住宅契約の解約。

 

引越し業者の選定と比較検討
引越し見積もり一括請求サイトでの比較検討がオススメ!

 

子供の転校届け
公立小・中学校、高校の転校届け。教育委員会へ提出(現住所市町村区役所内)その際転入校の指定有り。
在学学校に提出

 

電話の移転(移転届、電話工事の予約)
電話工事を依頼。NTT東日本 NTT西日本に依頼。
局番なしの116。局番の選択も。

 

インターネット契約の継続か解約
インターネットの解約か継続をプロバイダー、又は契約会社に連絡。

 

福祉関係(乳児医療、児童手当、生活保護)
現住所の市区町村役場へ届出。

 

 

1~2週間前にする手続き・届出

ガス(住所変更)
利用のガス会社に連絡。

 

水道・電気・NHK・新聞
各事業所に引越しの連絡。

 

自動車・バイクの移転・廃車届け
ナンバープレートなどの変更。税金関連。車やバイクは売却も一考。

 

住民登録(転出証明書)
印鑑、身分証明書が必要。現住所の市町村区役所にて。

 

印鑑登録廃止届け
転出届と同時に手続きしましょう。実印、印鑑登録証明書。

 

国民健康保険
手続後も転出日まで有資格。国民健康保険証、印鑑、転出証明書。<

 

転居届
最寄の郵便局に提出。1年間無料転送有り(延長も可能)。
郵便局にて「転居届」のハガキを入手するだけ。

 

その他住所変更等が必要な手続き

不動産登記関連の手続き、銀行・証券会社(ネットも含む)の手続き、郵便貯金の手続き、クレジットカードの手続き、生命保険・自動車保険・火災保険の手続き。インターネットの解約、または住所移転手続き。特に面倒なのがインターネットの解約、変更、新規契約です。事前に準備しておかないと、ネット回線の工事は一ヶ月待ちなどの場合もあります。。

 

インターネットがない生活って結構きついですから、引越し前にインターネットの乗り換えや新規契約は準備しておきましょう。
引越し後もすぐに関連各所に手続きが必要です。引越しってほんとに忙しいんですよね。

 

引越し後の準備・手続きリスト(2週間以内に)

転入届
新住所の市町村区役所に14日以内に手続き。
印鑑、身分証明書が必要。

 

印鑑登録
転入手続きをするときに同時に。実印が必要。

 

国民年金
住所の書き換えが必要。
国民年金手帳が必要です。

 

国民健康保険の交付
転入届けを提出後、手続き。

 

転居届
郵便局で所定の用紙に記入後提出すれば1年間は旧住所への郵便を無料転送。

 

子供の転校手続き
教育委員会の学校指定書が必要。
小中高校学長への届出。

 

福祉関係(乳児医療、児童手当、生活保護)
新住所の市町村区役所に届出。
印鑑、 転出証明書が必要。

 

運転免許証
新住所の市町村区役所へ15日以内に提出。
住民票、免許証、写真1枚が必要。

 

自動車
新管轄の陸運事務所に15日以内に届出。
軽自動車は、軽自動車検査協会で住所変更の手続き。
書庫証明、車体検査証、新住所の住民票、実印、印鑑証明3通、車が必要。

 

特に冷蔵庫や洗濯機などの大型家電、ベッドやマットレス、ダイニングテーブル、カーテン、ソファーなども引っ越しする場合の荷物としては大型になるので、福岡県内で購入した方が引越し先への設置類も無料の場合が多いので 、できれば福岡県内で購入しましょう。

大分県から高知県内への引越し情報