↑最大50%OFF!↑

急な引越し・・・。でも、お金がない場合はどうすればよい?

 

急な引越しをしないといけない、でも・・・お金がない(;´Д`)という場合の対応方法をご紹介しています。

 

どのような事情があるにせよ、引越しには、「引越し作業費用、今住んでいる住宅の退去費用全般、新しく住む住宅の敷金礼金」など、結構なお金が必要となります。
でも、手持ちのお金も、貯蓄もないという場合はどのように対応すればよいのでしょうか!?

 

コチラではお金がないけど引越しをしないといけない場合の対応方法や、一人暮らしの場合の引越し概算費用をご紹介します。

 

急な引越しだけど、貯金がない・・・。

引越しの総額としてはざっくり「25~50万円」くらいの引越し費用を準備しておく必要があります。
※引越し先に払うお金が必要ない場合は引越し作業費用と諸経費のみですね。

 

引越し先の賃貸物件に支払うお金や引越し作業そのもの、退去に関わる費用を含めて、一人暮らの方でも平均して25万円~50万円前後の引越し総額費用という感じです。(敷金、礼金、家賃三ヶ月分という金額が大きいのですが。。)

 

急に引っ越しをする場合、やはりお金の問題、貯金の問題というのは大きいです。

 

手持ちのお金がなくても、会社都合だったり、家庭などの都合で引越しを余儀なくされる場合もありますが、やはり足りないものは足りない、お金がない状況は変えられませんので、どうにか引越し費用そのものお金を工面する必要があります。

 

クレジットカードなら引越し費用を分割にできる

クレジットカードの支払いに対応している引越し業者なら、クレジットカードの分割払いを利用して月々の分割払いにして初期費用の負担を小さくできます。
更に引越し業者によってはポイントが貯まる場合もありますので、チェックしてみてください。

 

ただし、引越し先住居の賃貸契約の場合、クレジットカードでの支払いはできないことが多いです。

 

最近、家賃はクレジットカードで支払うことができる物件も増えてきましたが、やはり信用保証の意味も込めて「敷金、礼金、家賃3ヶ月分」というお金を事前に払うので、やはり住居に関しては現金での支払が必要となると考えておきましょう。

 

お金がない場合は短期の借り入れ

個人的には引越しを含めて短期にお金が必要で、でも貯金も手持ちの厳禁もないという場合は「キャッシング」を利用していました。
カードのキャッシングは実は短期に返済ができれば結構金利も低い方なのです。

 

キャッシングの場合は、長期に借り続けるから金利が増えていくため、早めに返済することができるなら、一旦キャッシングで引越し費用を払うという方法もアリです。
また、カードのキャッシングには総量規制がありますので、借りすぎるということができないので、自分の安易な借金に流されるという状況もストップできます。

 

ちなみに、銀行ローンは制限枠がないようですので、借りすぎに注意が必要です。教育ローンやオートローンのようにある程度の低い金利で借りれるプランは引越しにはないので、銀行のローンの場合でも高い金利になることが多く注意が必要です。

 

敷金礼金がない引越し先を探す

急な引越しで最もお金が必要なのが「引越し先に支払う敷金、礼金、家賃3ヶ月分」といった引越し先住居に払うお金です。ここがかなり高額になり、15万~50万といった場合もあります。
しかもほとんどが一括現金支払いですから(;´Д`)

 

ですので、急な引越しをする場合、できるだけ引越し先に支払うお金が抑えられる物件を探しておくようにしておきましょう。
※実家に戻る、会社都合での転勤、単身赴任で引越し費用を全額負担してもらえる場合は別です。

 

離婚、同棲解消等の場合、相手責任がはっきりしていれば費用を請求する

相手側に責任がある離婚、同棲の解消の場合は、相手側に引越しの費用を請求できる場合があります。

 

しかしながら、裁判等になれば時間も必要となり、費用も必要となります。まずは冷静にお互いに話し合いをして、それでも納得がいかなければ、弁護士、家庭裁判所などに相談をしてみましょう。

 

引越しは現実問題、自分で払う・・・ということになり、話し合いの結果で、事後払いという形になることが多いです。

 

一旦、引越しをやめる

最終的に引越しをなんとかやめるという事も考えておきましょう。

 

そもそも引越しをすることで払うお金が足りないわけですので、現時点でなんとか生活が回る場合は、引越しを先延ばしする、延期するなどして当面のお金を残しながら、引越し費用を貯める、借りるなどして、引越しの準備をしましょう。

 

短期間に稼げるバイトをする

もっとも現実的な方法ですが、短期間でお金の稼げるアルバイトをするのもありです。

 

最近ではアルバイトの時給がかなり高額になっています。人手不足な時代なのですね。。

 

男性でも女性でもアルバイトや副業を考えてみましょう。現在、サラリーマンをされている方は、会社の副業規定がある場合は副業ができない可能性もありますので、会社規定を確認する、会社の上司に事情を説明してみましょう。

 

まとめ

急な引越しの事情では、会社都合の転勤や単身赴任以外にも、いろいろな事情で今住んでいる家を早急に離れなければいけないという方が多いです。

 

急な引越しの場合でも、引越しに関わるお金は必要となります。もし急な引越しをしないといけないのだけど、お金が足りない!という方は上記の対応方法を参考にしてみられてくださいませ。

大分県の主要市区町村情報

市区町村名 市区町村役場
大分県
大分市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 大分市 役場のHP
別府市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 別府市 役場のHP
中津市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 中津市 役場のHP
日田市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 日田市 役場のHP
佐伯市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 佐伯市 役場のHP
臼杵市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 臼杵市 役場のHP
津久見市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 津久見市 役場のHP
竹田市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 竹田市 役場のHP
豊後高田市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 豊後高田市 役場のHP
杵築市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 杵築市 役場のHP
宇佐市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 宇佐市 役場のHP
豊後大野市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 豊後大野市 役場のHP
由布市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 由布市 役場のHP
国東市から県内エリアに引越しする場合はコチラ 国東市 役場のHP
姫島村から県内エリアに引越しする場合はコチラ 姫島村 役場のHP
日出町から県内エリアに引越しする場合はコチラ 日出町 役場のHP
九重町から県内エリアに引越しする場合はコチラ 九重町 役場のHP
玖珠町から県内エリアに引越しする場合はコチラ 玖珠町 役場のHP
▲TOPに戻る